マダガスカル島の水中洞窟に5000年以上前に生息していたと考えられる大量の化石

アフリカ東部にあるマダガスカル島の水中洞窟を探検したところ、5000年以上前に生息していたと考えられる大量の化石が発見されたのだそうです。

アメリカの大学等の国債チームが、マダガスカル島の国立公園内にある三つの水中洞窟にて、他の地域では見かけないような特徴を持った生物の化石だったということです。

例えば、キツネザルなの人これらのような大きさだったり、小型のピグミーカバや角の生えたワニ等、似たこともないような動物たちの数々です。

実は紀元前500年前まではこのような独特な特徴を持った動物たちが生息していたようですが、人間が移り住んだ後に、次第に絶滅してしまったということです。

これらの生物達が絶滅したのは人間が原因かどうかは、これからの研究によって明らかになってくるかもしれませんが、絶滅してしまったというのは残念なことです。